我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFの明治神宮参拝(’17年3月13日 明治神宮神楽殿)

<<   作成日時 : 2017/03/18 05:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

OLAFは年一回家内安全祈願の為、明治神宮へ参拝をする。
今年も大安吉日の13日に行ってきた。
久し振りの明治神宮で参拝者に外国人が多く来ていた。
こんな所にまで外国人が来ているのかと驚いた。
考えてみればOLAFも外国へ遊びに行くとその土地の有名な教会等に見学に行く。
それと同じ事か・・・


御祈祷をして頂く所は神楽殿。
明治神宮神楽殿は御大典記念事業として造営が計画されたもので、全国崇敬者よりの多大なご奉賛によって平成5年10月に竣工した。

最近の流行の御朱印帳を抱えた御朱印女子が列をなしていたのにはビックリ。
画像


受付をして祈願が始まるまで待つ。
画像


30分で祈願式が終わり前の組が出てきた。
外国人が祈願に来ていたのにはまたまたビックリ。
画像


内部の願主席は160畳の広さがあり、最大800名まで参列することが可能で、神楽舞・舞楽を奏して厳粛な祈願祭をご奉仕しています。
(内部は撮影禁止。従って次の2枚の写真はネットからの転載です。)
画像


神楽殿では、大太鼓が打たれ、お清めのお祓いが行われ、祝詞が奏上されます。
この後、巫女が手に季節の花を持ち、神楽「倭舞(やまとまい)」を舞います。
この舞は、神楽殿で祈願をされる方のために作られた明治神宮独自の舞です。
画像


神棚に祭られた祈願御幣・結びの緒。
明治神宮の御祈願祭では神職の祝詞奏上の間、祈りをこめて「祈願御幣」を捧げ持ちました。
拝礼の際には「祈願御幣」を御神前に捧げた後、持ち帰ります。
祈願後に渡される「祈願御守護」(お神札)に同封の「結びの緒」で結び、共にまつります。
画像


帰りに「ホテルJALシティ田町 東京」の中国料理「龍王」でランチを食べる。
なかなか美味でした。
画像

画像


今年も家内安全で行けますよう。
良い年でありますように。

すがすがしい思いで帰ってきた。
ふるいお札はお返しし、新しいお札が神棚に祭られた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFの明治神宮参拝(’17年3月13日 明治神宮神楽殿) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる