我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFの合羽橋七夕まつり見物(’16年7月7日 合羽橋)

<<   作成日時 : 2016/07/08 03:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

毎年7月7日に近い週末を中心に、かっぱ橋本通り沿いで開催される祭りです。
沿道には七夕飾りが並び、要所の大竹に大飾りも飾られます。週末にはパレードやショーが催されるほか、工夫をこらした露店が開かれ、浅草下町の心意気が感じられます。
初めてではないが、朝顔市の後に行ってみよう。
(ブログ)
http://olaf-mama.at.webry.info/201507/article_4.html
京都の七夕も面白かった。
(京都の七夕)
http://olaf-mama.at.webry.info/200807/article_2.html
http://olaf-mama.at.webry.info/200807/article_25.html


土、日がメインの様だが今日は空いていた。
画像

画像

スカイツリーも見える。
画像

店の前に手作り飾りが置かれていた。
「入選」の作品。
クマモンが可愛い。
画像

「七夕賞」。
画像

手作り感のある七夕飾り。
心和む。
画像

曹源寺(かっぱ大明神)
文化11年(1814)、新堀川(現在の合羽橋道具街通り)の堀削工事に私財を投じて尽力した合羽屋喜八が没し、菩提寺である曹源寺に葬られました。
この辺の土地は低いうえ水捌けも悪かったため、住民たちの難渋は見るに堪えなかったようです。そこで喜八が工事をはじめたそうです。その工事のおり、かつて喜八に命を助けられた隅田川の河童が協力したといい、この河童を見たものは不思議と商売が繁昌したと伝えられています。
この河童大明神は、 商売繁昌・火水難除などに霊験著しいといわれ、今も厚い信仰が寄せられています。
画像

入り口脇にある、かっぱのぎーちゃん。
随分と長い顔だ。
何か意味が有るのかな?
画像

カッパの手のミイラがおかれてるお堂。
画像

境内はカッパのオブジェだらけ。
画像

画像

草むらにも。
画像


「入選」の作品です。
此処にもクマモン。
画像

手作り感のある飾り。
画像

今どきの子供の願いは・・・
画像

「銀賞」でした。
画像

上野側の出口まで来ました。
画像

画像


暑かった。
何処かでビールでも飲みたい物だ。
一日で朝顔市と七夕まつりを楽しめた。

さ〜〜〜〜〜〜。
涼しい所へ入ろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFの合羽橋七夕まつり見物(’16年7月7日 合羽橋)  我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる