我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFの”皇居乾通りの春の一般公開・桜並木の通り抜け”(’16年3月29日)

<<   作成日時 : 2016/03/30 09:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「2016年3月25日(金)から3月31日(木)までの7日間「皇居乾通りの春の一般公開・桜並木の通り抜け」が開催されています。
3月29日(火)午前9時現在、皇居乾通りの桜の開花状況はソメイヨシノの大半が一〜二分咲き程度。
ようやく、三分〜五分咲きのソメイヨシノも散見されるようになりました。」
との事。
寒の戻りも去り、20℃を超えるポカポカ陽気になると言う。
前に行った時には一時間待ちとの事で諦めて帰ってきた。
(記録)
http://olaf-mama.at.webry.info/201404/article_1.html
しかし、今年の秋、来年の春は庭の手入れの為に公開はしないとの事。
今年見逃すと再来年の春になってしまう。
頑張って行ってみることにした。


画像


10時開場との事だが、9時半頃に行ければそれほど待たなくても入れるだろう。
9時半二重橋の所に到着。
もうかなり並んでいる。
仕切の間をぐるぐる回されて列の最後部に並ぶ。
画像

持ち物検査と身体検査のテントを通り過ぎ、列の最後部に。
9時半なのにもう開場して皆さん坂下門の方へ歩いていた。
ラッキー!
画像

画像

坂下門を通過する。
画像

時々陛下がこっそりお花見に来ている人を眺められると言われている宮内庁の建物の前を通る。
所々に桜の木が有るが未だほとんど咲いていない。
画像

ネット記事によると”見頃を迎えているのは、乾通りにある計76本の桜のうち、エドヒガンザクラ、コヒガンザクラ、シダレザクラの3本。”だと言う。
その内の一本”コヒガンサクラ”?
画像

画像

出口乾門に近い”シダレザクラ”。
画像

画像

皇居乾通りの全体的な桜の見頃はもう少し先になりそう?
31日までの1週間だから最終日辺りが見頃か?
画像

画像

乾門から表へ。
画像


蛇足:
大手町から千代田線で帰ることにした。
しかし、思ったより早く見終わったので湯島で途中下車して行きたかった”十八割蕎麦”を食べに行った。
この”十八割そば”とは
ネットによると”名人技、日本初、十割蕎麦と八割蕎麦の合せ一本打ち”という。
変わり蕎麦?
湯島天神の鳥居傍にあった。
画像

平均9割蕎麦・・・・
丸出しした墨入り十割蕎麦と通常の丸出しした二八蕎麦を重ね、のして二色にした蕎麦だ。
画像



単なる変わり蕎麦の一種類だ。
話のタネに一度は食べておきたい蕎麦・・・

今日は話のネタを二種類仕込んできたような日だった。
皇居内の桜も”皇居東御苑”内の方がもっと咲いていたようだ。
広さも広い。
(皇居東御苑の記録)
http://olaf-mama.at.webry.info/201005/article_3.html

さて、もっと咲いている所へお花へ行ってみよう。


PS:今日のTVニュースで「31日までの一般公開を4月3日まで延長します。」
  だと。
  それならもっと後に行けば良かったカナ・・・
  でも、この状態だとそれが正解だろう!
  きっとこれからが満開になって美しい風景が見られるだろう。 
  また行ってみるか?
  違う場所に行ってみるか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFの”皇居乾通りの春の一般公開・桜並木の通り抜け”(’16年3月29日) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる