我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFの浅草散策 (’15年12月19日 羽子板市、まるごとにっぽん)

<<   作成日時 : 2015/12/20 08:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日が羽子板市の最終日と言う事で、また羽子板市見物に出かけた。
羽子板市には何回も行っているが毎年変わり羽子板のスターが変わり面白い。
(今までの羽子板市のブログ)
http://olaf-mama.at.webry.info/201212/article_3.html
http://olaf-mama.at.webry.info/200912/article_15.html
http://olaf-mama.at.webry.info/200812/article_5.html
http://olaf-mama.at.webry.info/200606/article_18.html
帰りには12月17日(木)AM10:00 に開業したばかりの”まるごとにっぽん”を見てこよう。
まだ、開業してから3日目だ。
混雑しているだろうな・・・


浅草羽子板市」の歴史は古く、江戸時代、毎年12月に正月の縁起物を売る「歳の市」が行われていたことに由来、昭和25年頃には年末の風物詩「羽子板市」が縁起物として定着するようになった。
これは羽子板の「おい羽根」が害虫を食べる「トンボ」に似ている、魔除けになるなどの理由から来ているようだ。
現在の「浅草羽子板市」は「納めの観音ご縁日」も含め、毎年、曜日に関わらず12月17日、18日、19日の3日間、浅草寺境内で開催。
仲見世はお正月の飾りも付いて外国人も多いが喜んでいる様だ。
画像

境内には既に着物姿の女性がチラホラ。
画像


山門を潜るとスカイツリーが。
奉納されている草鞋との対比が面白い。
画像

門を潜ってから左手に羽子板市の店が並んでいる。
何でも50店舗あると言う。
画像

伝統的な羽子板が並ぶ。
押絵の女性の顔がそれぞれの店によって微妙に違う。
画像

画像

画像

可愛らしい羽子板も。
画像

画像

定番の歌舞伎の絵柄やその年に活躍した芸能人やキャラクターが絵になった羽子板や色とりどりの美しい羽根が並ぶ。
今年あちこちの店で見かけたのが、フィギュアスケートの羽生結弦選手。
その他にはラグビーの五郎丸選手もチラホラと。キャラクター羽子板ではサザエさん、ドラえもん、ピカチューなどがあった。
画像

画像

画像

ちょっと古いスターも並ぶ。
画像

羽子板市を見た後ちゃんとお参り。
お線香の煙が境内にたなびいていた。
画像

”奥山おまいりまち”商店街を通って開店したばかりの”まるごとにっぽん”へ向かう。
”奥山おまいりまち”は江戸初期に京都や大阪で盛んだった見世物小屋が、江戸中期から後期にかけて、浅草に広まりました。
大道芸人が野天で芸を披露し大勢の見物客でにぎわい、京都の四条河原や大阪の難波新地に並ぶほどの常設見世物地区へと成長していったのです。
奥山の隆盛は明治初期まで続き、六区興業街へと移って行きました
そこに、紙芝居屋さんが店を出していた。
画像


まるごとにっぽんは、「村おこし町おこしのメッカ」「風土巡礼」をコンセプトに、日本細部の地域資源を体感できる商業施設。
同ビルの1〜4階部分を占め、20の市町村と約50の地方事業者が出店している。
全4フロアで「にっぽんの暮らし」を体感出来ると言う。
1〜4階全てのフロアを巡ると、日本を旅したように"にっぽんの暮らし"が体感できるというのが、二つ目のコンセプトである風土巡礼である。
各階にはそれぞれテーマをもち、それにあった業者が出店している。
1階は「にっぽんの食」をテーマにした生鮮食料品地方色豊かな食品フロア。
専門バイヤーのセレクト商品や生産者から直接買い求めた商品などここでしか手に入らないものを多数用意してある。
2階は「にっぽんの叡智」をテーマに伝統技術や風土が息づく「暮らしの知恵」が詰まった地方発の生活用品を販売。
3階の「浅草にっぽん区」は実演・体験・情報発信フロア。
20の市町村のブースが出展するイベントスペースや旅する期待感を創出するカフェ、郷土料理をマスターできる料理教室などがオープン。
4階には地方の旬の味覚と下町風景が楽しめるレストランフロアとなっている。
画像

開店したばかりなので中は大混雑。
画像

4Fまでエスカレータで登って降りてきた。
画像

画像

画像

開店の時に飾られた花束がまだ綺麗に置かれていた。
画像


終わって表に出ると、奥山おまいりまち商店街振興組合主催の浅草奥山まるごとにっぽんまつりが行われていた。
今日は「弘前ねぷた浅草まつり」で、ねぷたの行列が通っていた。
青森の「ねぶた」は”ラッセラー”の掛け声ですが、「ねぷた」は”ヤーヤドー”の掛け声です。
画像

画像

画像


浅草にまた新名所が出来た様だ。
羽子板市の伝統に新名所。
ますます面白い町になりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFの浅草散策 (’15年12月19日 羽子板市、まるごとにっぽん) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる