我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAF酉の市へ行く (’14年11月10日 鷲神社)

<<   作成日時 : 2014/11/14 08:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

江戸時代から鷲神社は、「鳥の社(とりのやしろ)」、また「御鳥(おとり)」といわれており、現在も鷲神社は「おとりさま」と一般に親しまれ崇敬を集めています。
十一月の例祭も現在は「酉の市」と広く知られていますが、正しくは「酉の祭(トリノマチ)」と呼ばれた神祭の日です。


今年も昨年頂いた熊手をお返しし新しいのを頂きに出かけた。
鷲神社の熊手御守は開運・商売繁昌のお守りとして「酉の市」のみに授与されます。
一般に「かっこめ」「はっこめ」といわれ神様の御分霊です。

三ノ輪駅から歩いて行く。
道には何時もの様に露店が並ぶ。
画像

かなり混んでいた。
入り口付近では行列が出来ていた。
画像

古い熊手を収める。
画像

入り口の大熊手。
画像

お祓いを受けながら鳥居をくぐって境内へ。
画像

鳥居をくぐって社殿に近づいていく。
画像

お参り。
画像

神様の御分霊での「かっこめ熊手」を頂きます。
画像

画像

色々な熊手。
わりとポピュラーなオカメさん。
画像

石原家ご用達。
画像

何故かぶたさんが付いている。
画像

サンリオさんの飾り。
画像

招き猫飾り。
画像

何故か今話題の赤サンゴ、桃色サンゴが飾られている熊手。
「きっと買う人はいないのでは〜〜〜〜〜?」
画像


さて、ランチでもして帰りましょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAF酉の市へ行く (’14年11月10日 鷲神社) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる