我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFのバルト海クルーズ(’14年5月29日 @サンクトペテルブルグ観光)

<<   作成日時 : 2014/06/17 03:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日はサンクトペテルブルグだ。
旧ロシア帝国時代は首都としてまた文化の中心地として、さらにソ連時代はレニングラードの名で長い歴史を持つ、現在ロシア第二の都市。
フィンランドに続くバルト海への窓口とする貿易港としても重要な位置を占めている。
市内には運河が巡り橋も多いので「北のベニス」としても有名なロシアの観光名所。
市内に点在するエルミタージュ美術館、血の上の救世主教会、聖イサク聖堂や郊外にあるペトロパブロフスク要塞、各種宮殿や庭園など世界遺産も盛りだくさん。
此処には、今から20年前に来たことが有る。
(20年前のサンクトペテルブルグの記録)
http://olaf-mama.at.webry.info/200711/article_1.html
http://olaf-mama.at.webry.info/200711/article_2.html
http://olaf-mama.at.webry.info/200711/article_3.html
この20年でどこまで変化しているのだろう。
楽しみだ。


船内TVで見ると今日も昨日ほどではないが寒そうだ、
10℃だ。
画像

画像

入港してきた。
どんよりしている。
画像

今日はカリスマ添乗員さんのおかげで、我々日本人だけのグループツアーとなる。
日本語がペラペラの御嬢さんガイド付きだ。
画像

人数が少ないので小型バスだ。
街中は混雑しているので、小型バスが小回りがきき、便利だという。
画像

日本に留学経験を持つ若い女性ガイド。
画像

港から走り始めると大マンション群があった。
海のそばまで住宅が広がってきていると言う。
画像

ネヴァ川に沿って走っていく。
宮殿橋でバスを降りる。
前回と同じ場所で降りて写真を撮る。
対岸に「聖イサク大聖堂」が見えた。
懐かしい景色だ。
20年前と変わっていない。
画像

更には「エルミタージュ美術館」も良く見える。
画像

「ロストラの灯台柱」です。
ロストラとは「船首」のことです。古代ギリシア・ローマ時代には、海戦において勝利した記念に敵の船首を切り取る習慣があったようです。
これも敵の船首を意味しているのでしょう。
画像

「ペトロパヴロフスク要塞」
要塞の中心には高さ120メートルの塔が建っています。
塔の下にはベトロパブロフスク聖堂があり、歴代の皇帝がここに眠っています。安置室の出口付近には新しい御影石の石棺があり、ここにニコライ2世一家の遺骨が納められているようです。
画像

川沿いに走っていくと横を通りました。
画像

塔の下の「ベトロパブロフスク聖堂」
画像

雨の中「巡洋艦オーロラ号」を見学。
ロシア革命(十月革命)の始まりを記念する巡洋艦です。
1917年10月25日夜、ここから発せられた一発の空砲を合図にボリシェヴィキ革命軍は冬宮への突入を開始し、ほぼ無血で十月革命を成功させました。
またこの船は、日露戦争にも参加しました。
バルチック艦隊の一員としてやってきました。
バルチック艦隊のほとんどが撃沈されましたが、オーロラ号を含めた三隻だけがウラジヴォストークにたどり着けたのでした。
現在、日露戦争に参加した船で現存しているのは二隻だけです。
1隻はこの巡洋艦オーロラ号です。
もう一隻は日本軍の東郷平八郎らの旗艦三笠で、横須賀に保存されています。
岸壁にはお土産屋さんが所狭しと連なっていました。
画像

画像

「血の上の救世主教会」
農奴解放令(1861年)を出した「解放皇帝」アレクサンドル2世は、1881年3月1日、この地で革命家によって爆弾を投げつけられ、暗殺されました。
そして、この教会はアレクサンドル2世を弔うために、その暗殺地点に建てられた教会なのです。
瀕死の皇帝が運河の欄干にもたれて言った言葉は「寒い、寒い、宮殿へ運んでくれ。
そこで死ぬ」であったという。
帝政側にとっては、この教会はアレクサンドル2世を弔う教会です。
だからでしょうか、ソ連時代には教会としては使用されませんでした。
画像

画像

画像

画像

画像

歴史的建物の間を走って昼食へ向かいます。
画像

画像

画像

「マリインスキー劇場」
モスクワのボリショイ、ペテルブルクのマリインスキー。
特にこちらは帝政時代の首都だったため、チャイコフスキーのほとんどのバレエが初演された由緒正しき劇場。
画像

昼食です、
団体旅行客用のレストランへ連れていかれました。
こんな建物が作られているのだ。
画像

サラダ。
画像

スープ。
画像

鳥のクリーム煮。
画像

アイス。
画像

決してまずくはなかった。
20年前より食事の質は上がっている。
当時は野菜もなかった。
食事中ロシア民謡や踊りを見せにグループが登場。
画像

画像


午後からは「エカテリーナ宮殿」の見学だ。

(次ブログへ続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFのバルト海クルーズ(’14年5月29日 @サンクトペテルブルグ観光)  我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる