我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAF 赤羽馬鹿祭りを見に行く (’13年4月28日A 馬鹿ロック踊り、音楽パレード)

<<   作成日時 : 2013/04/29 16:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

(前ブログからの続き)
パレードもいよいよ後半。
名物馬鹿ロック踊りなど愉快な仮装パレードが続く。
その後は、7基の江戸みこしが練り歩く。


赤羽に住んで35年という大スター・林家ペー&パー子夫妻が今年も参加。
相変わらずのピンクの衣装で、コンパクトデジカメのフラッシュをたきながらオープンカーで挨拶を繰り返す。
画像

トラックに太鼓を積んだ舞台。
太鼓をたたいて、馬鹿ロックをガンガン奏でる。
トラックが左右に揺れる。
画像

画像

鐘をたたいているオジサン。
乗っている。
画像

赤羽白狐衆。
狐のお面が何とも言えない。
子供狐はカワユイ。
画像

おねえちゃんズ。
何とも言えない悪乗りオジサン。
飲み屋のオジサン?
仲間受けのみ。
画像

画像

だいぶたった30.
分る。
ダブルスコアー。
画像

ちっちゃいおじさんとガールズカンパニー。
画像

画像

城北信金。
全社挙げて頑張っている様子がよく出ている。
画像

画像

じゃじゃうま連。
画像


最後は江戸神輿パレード。
凄い人数がともに歩いていく。
5月に入ると三社祭が始まり東京は夏祭のシーズンに入る。
画像

画像

画像

画像

画像

もう帰ろう。
駅の方へ歩いて帰る。
途中の居酒屋は青空酒盛り場と化している。
凄く庶民的な街だ。
子供まで連れてカップルが飲んでいる。
画像

画像


駅前広場の特設ステージでは相変わらず”ジイサン・バンド”が演奏をしていた。
懐かしいエレキをかき鳴らしている。
昔を思い出しながらのステージ。
画像


総勢20組のマーチングバンドによるパレードが練り歩いた。
祭りのテイストといい、この手作り感満載のパレード車といい、どこぞの田舎の祭りに思える。
赤羽クオリティ。
東京らしさは微塵も無い。

赤羽の街と言い、馬鹿祭りと言い北区を象徴したイベントの様だ。

満足して家路についた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAF 赤羽馬鹿祭りを見に行く (’13年4月28日A 馬鹿ロック踊り、音楽パレード) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる