我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFの谷中まつり見物 (’11年10月8日 ”谷中菊まつり”と”旧吉田屋酒店イベント”)

<<   作成日時 : 2011/10/08 19:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ネットで第12回目の谷中まつりがあるという事を知った。
日時は10月8日(土曜)から9日(日曜)だと言う。
大圓寺では”谷中菊まつり”も行われる。
江戸時代から明治時代にかけて続いていた団子坂の菊人形が、昭和59年に「菊まつり」として再現されていると言う。
これだけ早い時期に菊人形が見られるとはちょっと驚き!
10月中旬以降が多い。
早速カメラ片手に出かけた。


秋晴れの良い天気だ。
西日暮里からバスで団子坂下へ。
画像

三崎坂の途中にある大圓寺が菊まつりの会場だ。
ダラダラと坂を登っていくと会場は直ぐに分かった。
黄色の提灯が飾ってある。
画像

参道を入っていくとその両側に菊が売られている。
意外とリーズナブルな価格だ。
画像

画像

菊人形が飾られている。
テーマが書かれているのが普通だが書かれていなかった?
画像

手作り感溢れるまつりだ。
町内の方々が売店の用意をしている。
焼き蕎麦の良い匂いが漂っている。
画像

画像

ヨーヨー釣りに興じる女の子。
このヨーヨー釣りも町内の方がやっているようだ。
画像


イベント会場の旧吉田屋酒店へ行って見る。
明治43年に建てられ、昭和61年まで谷中6丁目で営業していた「吉田屋酒店」を移築し、無料で公開されている吉田酒店。
出桁造りと呼ばれる重厚な佇まい、前土間、揚戸の出入り口など江戸商家の建築様式を伝える貴重な建物だ。
館内には、お酒を量り売りしていた頃に使われていた大きな棹秤や枡をはじめ、樽や徳利、宣伝用ポスターなど様ざまな資料が展示されている。
そこが会場だ。

麦茶、甘酒が無料で振舞われている。
お団子は一串100円。
芸大生による琴の演奏が行われていた。
画像

画像

此処にも菊人形が飾られていた。
画像

その後は、太神楽。
女性芸人による懐かしい和の芸だ。

傘の上でリングを回す。
通常は室内芸として行われるのが大道で行われている。
芸人さんはやりにくそう!
時々失敗している。
ご愛嬌!
画像

バランス芸だ。
画像

懐かしい籠と毬の芸。
画像


土曜日の昼頃なので未だ準備段階だった様だ。
午後から本番の様だ。

帰りは”東西めぐりんバス”で浅草へ。
浅草で遅い昼食。
秋晴れの中の谷中、浅草散策は楽しかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFの谷中まつり見物 (’11年10月8日 ”谷中菊まつり”と”旧吉田屋酒店イベント”) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる