我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAF 幻の金春能 (’11年8月7日 銀座金春通り 第27回能楽金春祭り) 

<<   作成日時 : 2011/08/08 04:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「第27回能楽金春祭り」が銀座八丁目銀座金春通で行われた。
毎年8月7日に金春通りで演じられる能楽番組を中心に、8月1日〜8月6日はタチカワ銀座ショールームB1Fにて能楽講座が開催されたり、通りの各お店がバーゲンなどサービスをしてくれるそうだ。
「金春通り」は、江戸幕府直属の「能楽金春流」の屋敷があり、明治以降は金春芸者などが往き交う花柳界で知られ、現在も1863年に開業された公衆浴場「金春湯」が存在することから、この名前が使われているという。
この能は大変に珍しい「路上で行われる能」だと言う。
春日若宮おん祭りでは、昔から浅靴を履いて路上(鳥居の下)にて演じられてきた、とても由緒有る上演形式だそうだ。
路上での演能を是非見てみたいと思い猛暑の中出かけた。


浅草に別件があったので、浅草経由で銀座へ出かけた。
久し振りにカメラを持って浅草へ来たのでスカイツリーを写しておく。
高さは既に634mまで高くなり、外部にあったクレーンも減って、今は内装に取り掛かっていると言う。
開業は2012年5月22日。
開業から3ヶ月間は完全予約制とか。
来年の何時頃登りに行くかな?
画像

浅草の田原町から銀座線で新橋へ。
そこから、金春通りまで。
この辺は夜な夜な銀座を徘徊していた頃は良く通った通りだ。
最近はご無沙汰でしかも昼間と言うのは珍しい風景だ。
通りには横断幕や提灯がブル下がり祭りの雰囲気を出している。
道路には赤い毛氈が敷かれたり、椅子の準備が始まっていた。
画像

画像

四時から着席券が配布されると言う。
3時過ぎには券の配布場所に係りの人が立った。
傍にいた券の配布を待っていた人達が列を作り始める。
画像

並ぶこと50分。
雨がポツポツ落ち始める。
4時少し前から券の配布が始まった。
OLAFも椅子席のかなり前の方をゲット出来た。
未だ席の方に番号表示がされていないので、表示が終了したら座ってもOKとの事。
画像

画像


時間が未だあるので歩行者天国などブラブラして見る事にした。

しかし、とんでもない事態が発生。
雷が鳴り、少し先も見えないような大雨が降り始める。
みんな、デパートや建物の玄関などに退避。

OLAFも傘を持っていないので傍の建物に退避。

待つこと30分。
それでも一向に雨は上がらない。
雨の中、金春通りへ行って見る。

「本日は雨対応の演能となります。
路上ではなく、面したビルの駐車場で能を舞います。
見学する方は、駐車場には入れないので路上からご覧下さい。」

とのアナウンスが流れていた。
雨に降られながら傘の間から能を見る?

既に椅子や毛氈の撤収が始まっていた。
毛氈も濡れてしまったら座れないものネ。
画像


残念!残念!
今日は諦めて帰る事にしよう!
来年もあるさ!
雨に濡れながらトボトボと帰った。
靴を履いて舞う能は幻の能となってしまった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAF 幻の金春能 (’11年8月7日 銀座金春通り 第27回能楽金春祭り)  我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる