我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFのとうろう流し見物 (’11年7月17日 第60回うえの夏祭り不忍池とうろう流し)

<<   作成日時 : 2011/07/18 06:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2011年7月16(土)から”第60回うえの夏まつり”が始まった。
今年のテーマは”東日本復興支援”だそうだ。
『〜だから、「うえの」は大志を抱く。〜 
東北の玄関口、うえのから復興を応援します。』と言うキャッチフレーズ。
従って例年のごとくの上野公園不忍池畔の水上音楽堂でのイベント、植木・盆栽市・縁日・骨董市の他に復興支援物産展等が行われている。
今日17日は下谷仏教会に協賛で不忍池「とうろう流し」が行われる。
東日本復興の祈りと戦没者の供養と平和への祈りがテーマとなっているようだ。


昨年もうえの夏祭りを見に来た。
浴衣姿のモデルさんの撮影会だった。

(ブログ)
http://olaf-mama.at.webry.info/201007/article_7.html

今年はとうろう流しを見に行くことにした。
午後7時からと言うことなので、夕方5時半頃に不忍池まで出かける。
未だ太陽がギラギラ輝き暑い。
不忍池畔のステージではフラダンスのショーが行われているようだ。
画像

骨董品の露天の前を通りとうろう流しの場所を探しながら不忍池畔を歩いていく。
画像

看板が立っている。
不忍池は蓮がビッシリで水面など見えない。
とうろう流しなど出来るのかな?
何処でやるのだろう?
画像

蓮の花が綺麗だ。
夕方なので花は開いていない。
蕾状態になっている。
画像

ボート池ということなので、弁天堂を通り越して行くことにする。
参道のところで矢口美香と「オリエンタルローズ」の幟を立てイベントが行われていた。
3人の羽を付けた様な衣装でのベリーダンス。
画像

画像

ボート池に到着。
この池には蓮が無い。
此処だったら”とうろう流し”は出来るだろう。
未だ日が高く、ボートを楽しんでいる人達が沢山いる。
スワンのボートの頭にチョコンと飛ぶのがめんどくさくなったカモメがとまっている。
画像


初めて見に来たので何処から流すのかわからないので係の人に聞いてみる。
「ボートにとうろうを積んで風上から流す。
風邪の向き次第。」と言うことだ。
風下のベンチに場所をとり、カメラを構える。
画像

池の真ん中にかがり火の準備がされている。
点火できるように船が止まっている。
火が付き易い様にガソリンをかけている様だ。
プーンと臭ってくる。
画像

7時になったが始まらない。
アナウンスが流れる。
「今、弁天堂において供養の式典が行われています。
この式典が終わり次第とうろう流しを始めます。」
7時20分。
池の中央に置かれていたかがり火に点火がされた。
暗くなってきた湖面にかがり火が燃え上がる。
画像

それを合図にボートから次々にとうろうが湖面に流される。
風邪がかなりあるので流れは速い。
すぐ沈没して火が消えてしまうとうろうが多い様だ。
画像

画像

画像

傍まで流れてきた灯篭。
画像

画像


とうろう流しが終わっても日は出てはいないが未だ暑い。
上野の町を通って帰路に着く。
復興支援物産展の露天も未だ開いていた。

始めて見た不忍池のとうろう流し。
東日本の震災でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFのとうろう流し見物 (’11年7月17日 第60回うえの夏祭り不忍池とうろう流し) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる