我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFの愛宕神社千日詣り (’11年6月23日  愛宕神社のほおずき市)

<<   作成日時 : 2011/06/23 22:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6月23日、24日は”愛宕神社千日詣り”が行われる。
この日に当社に参拝すれば、1000日分の御利益があると言われ、江戸の昔から大勢の人々がお参りに訪れたという特別の日です。
「千日詣り」の日は古くからほおづきの市が出て、ご参拝のおりにほおづきを求めるのも江戸庶民の楽しみとなっていたそうです。
この日は社前に茅の輪が作られ、無病息災と商売繁盛をお祈りする「茅の輪くぐり」の神事も行われていた。


梅雨空がどんよりしていたが、昼前から太陽がギラギラ。
真夏日の猛暑となった。

新橋から愛宕神社へ汗をかきかき歩いていく。
やがて神社の入り口に到着。

愛宕神社千日詣りの幟が立っている。
画像

大鳥居。
”鳥居は「天の岩戸」神話のときに、常世(とこよ)の長鳴き鳥と呼ばれた鶏を止まらせた木を模したものと言われています。
鶏は夜明けを告げます。
鳥居をくぐることによって新たな日がはじまるのです。”
(HPより転載。)
画像

目の前に”出世の石段”がそびえています。
愛宕神社へのご参拝は、この長い石段を登ります。
この石段は曲垣平九郎の故事にちなみ江戸時代から「出世の石段」と呼ばれています。
この急な石段は、御神輿も上ります。

曲垣平九郎の故事は、以下のようなものです。

”江戸三代将軍、家光公が将軍家の菩提寺である芝の増上寺にご参詣のお帰りに、ここ愛宕神社の下を通りました。
折しも春、愛宕山には源平の梅が咲き誇っておりました。
家光公は、その梅を目にされ、「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」と命ぜられました。
しかし、この愛宕山の石段はとても急勾配です。
歩いてのぼり降りをするのだに、ちょっと勇気が必要なのに、馬でこの石段をのぼって梅を取ってくることなど、とてもできそうにありません。
下手すれば、よくて重傷、悪ければ命を落とします。
せっかく江戸の平和の世に、こんなことで命を落としてはたまりません。
家臣たちは、みな一様に下を向いております。
家光公は、みるみる機嫌が悪くなってきます。
もう少したてば、怒りバクハツ!というそのときに、この石段をパカッ、パカッ、パカッとのぼりはじめた者がおりました。
家光公。
その者の顔に見覚えがありません。
「あの者は誰だ」
近習の臣に知る者はありません。
「おそれながら」
「おう」
「あの者は四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)と申す者でございます」
「そうか。この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである」
平九郎は見事、山上の梅を手折り、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上いたしました。
平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、その名は一日にして全国にとどろいたと伝えられております。
この故事にちなみ、愛宕神社正面の坂(男坂)を「出世の石段」と呼び、毎日多くの方が、この男坂の出世の石段を登って神社にお参りにみえております。”

(HPより転載。)
画像

登りきると凄い行列。
階段の下から列が続いているのではなく、境内をグルッと回っている。
画像

丹塗りの門(神門)。
多くの神社では6/30に「夏越しの大祓」(なごしのおおはらい)と言う神事があります。
これは新年から半年間の厄を祓い、心身共に充実して暑い夏を迎えましょうというものです。
本来は前述の様に6/30に行われる神事ではありますが、愛宕神社ではこの千日詣りの時に茅の輪をお飾りしています。
これをくぐられることで厄払いになります。

京都八坂神社の7月31日の茅野輪くぐりを思い出した。

(ブログ)
http://olaf-mama.at.webry.info/200908/article_1.html
http://olaf-mama.at.webry.info/200808/article_1.html

画像

境内には紫陽花が綺麗に咲いていました。
画像

池にも紫陽花が。
画像

境内の一角にほおずき市が出ていた。
浅草寺のほおずき市では真っ赤なほおずきが出されているがこちらは未だ緑ほおずき。
花も咲いていた。
家で栽培しているうちに赤くなるのであろう。
画像

吊るしほおずき。
画像

吊しのぶ。
画像

ほおずきを選んでお客さんに。
画像


梅雨の合間にほおずき市へ行ってみた。
愛宕神社のほおずき市は初めて。
青いほおずきも良い物だ。
花まで咲いたほおずきの鉢。

凄い人出だった。
狭い境内は大混雑だった。

猛暑でぐったり。
節電の暑い夏の始まりか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFの愛宕神社千日詣り (’11年6月23日  愛宕神社のほおずき市) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる