我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAF in 青もみじの京都 (’11年5月20日 青もみじの桂離宮@)

<<   作成日時 : 2011/05/21 20:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今日も離宮巡り第二弾、桂離宮へ来た。
宮内庁からの許可書と身分証明(車の免許証)を持って、桂離宮へやって来た。
朝10時入場許可証。
京都駅から市バス。
意外と近い。

桂離宮(かつらりきゅう)は京都市西京区桂にある、約7ヘクタールの離宮。
江戸時代初期の造営当初の庭園と建築物を遺しており、当時の王朝文化の粋を今に伝えている。
回遊式の庭園は日本庭園の傑作とされる。
また、建築物のうち書院は書院造を基調に数寄屋風を採り入れている。
庭園には茶屋が配されている。
もとは桂宮家(八条宮家)の別荘であった。
桂の地は、古くから貴族の別荘地として知られ、平安時代には藤原道長の別荘(当時は「別業」といった)が営まれていたという。


見学順は以下の通りだ。

(宮内庁HPより転載)
画像


朝、バス停から入場口へ歩いて行く。

見た事の無い竹垣が入口まで続いている。
後で説明されたが、これは”穂垣”と呼び太い真竹を割り間に竹の穂を斜めと横に並べたもので”桂離宮の三大垣根”の一つだと言う。
画像

見学開始20分までは門は開かない。
開門を待つ。
画像

入場すると見学開始まで休憩室で待つ。
お土産も売っている。
変わり映えはしない。
画像

10時。
案内担当が現れる。
その人に従って見学開始。

待合室から出て、庭に向かって歩き出すと、通路の奥に背の低い松が植えられています。
この松は「住吉の松」といって、外からやってきた訪問者から、庭の内部を隠す目隠しとして植えられたそうです。
ここで隠されることで、あとで見ることができる景色への期待が膨らむ効果を生んでいます。
え〜〜〜〜〜〜〜〜。
そんなの有り?
凄く計算された庭作りの真髄を初めから感じさせられました。
画像

”正門”から入ったときに、くぐる”御幸門(みゆきもん)”です。
門は、かやぶきの屋根に、自然のままの皮つき丸太の柱で支えられています。
これは皇族専用の桂離宮への入り口です。
画像

青もみじの向こうに見えるのが”正門”です。
正門までの道は遠近法を利用して正門が近づくに連れ道幅が狭くなっているそうです。
「帰る時に未だ楽しめる。」と言う気分になってもらうそうです。
人間の錯覚をそこまで利用して庭作りをするのか?
凄い庭ですナ〜〜〜〜〜〜。
画像

この道は”御幸道”と言うそうだ。
敷いてある石は足に接する面は平らになっていて、真ん中が少し盛り上がっている事によって雨が降っても濡れない路になっているそうだ。
恐ろし〜〜〜〜〜〜〜〜〜い計算の道。
画像

”外腰掛”という休憩所へ向って歩いていきます。
背の低い灯籠が目につきます。
当時は足元を明るく照らしていたのでしょうネ〜〜〜〜。
(顔は見せたくないが一緒にいたい。
そんな世界が偲ばれま〜〜〜〜〜〜す。)
画像

”外腰掛”。
外腰掛は、厠が隣接した休憩所として機能している場所でした。
画像

画像

外腰前の燈籠と手水鉢です。
手水鉢は2重の枡をイメージしています。
それぞれ、苔むしていて年月を感じさせます。
(砂で埋まっているのは、水蘚が付かない様にしているそうです。
外国からの貴賓客等が来る時には水を入れるそうです。)
画像

”蘇鉄山”。
”外腰掛”に座って眺めていたのでしょうネ。
画像

画像

”松琴亭”へ向って歩いていきます。
庭の全景が見えてきました。
”州浜”に咲いている菖蒲です。
画像

”天の橋立”が見えてきました。
画像

”石橋”を渡って”松琴亭”へ向います。
1本の切り石を渡ると、最初の茶室である松琴亭(しょうきんてい)へ到着です。
画像

画像

”松琴亭”。
最も格の高いかやぶき入母作りの茶室。
にじり口の内側は三畳の本格的な茶室で、遠州好みの八つ窓の囲いになっている。
”松琴亭”の外観は、東、北、西の三方からそれぞれ異なる風情が楽しめる。(宮内庁パンフレットより)
画像

ふすまが全て開放されていて、茶室を覗くことができます。
青と白の市松模様のふすまは目に鮮やかです。
画像

画像

画像

日に焼けていないふすまは鮮やかです。
ア〜〜〜〜〜〜〜〜。
案内担当がふすまをずらして見せてくれました。
画像

色々なふすまに色々な引き手が付いています。
画像

この引き手は?
画像

「新御殿にはこの様な引き手がある。」との解説が休憩室にあった。
画像


まだ半分も来ていない?
精巧に作られ過ぎていて見ていて疲れる。
これ程隙の無い庭などあって良いのだろうか?
もっと自然のままの方の庭が好き・・・・

(次ブログへ続く。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAF in 青もみじの京都 (’11年5月20日 青もみじの桂離宮@) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる