我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFの世田谷ボロ市散策 (’10/12/15 世田谷)

<<   作成日時 : 2010/12/15 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

毎年12月15・16日の2日間世田谷のボロ市が開催される。
430年以上にわたる歴史のある、伝統の市だそうだ。
東京都指定無形民俗文化財に指定されてる。
今まで行った事が無かったので、早速行って見る事にした。


渋谷からバスで世田谷へ。
早い方が空いているだろうと10時過ぎに到着。
バスから降りてボロ市会場へ行く。
その道も、すごい混雑だ。
良い物が沢山有るのだろうか?

「OLAF、混雑しているから迷子になるなよ!」
画像

手作りアクセサリー どれでも300円?
画像

農家の作業着のつくろいや「わらじ」に編みこむボロが安く売られるようになって、ボロ市の名前が生まれたそうだ。
その名の通り、今では珍しい着物の古着が売られていた。
画像

靴下。
画像

神棚も売っている。
画像

まな板、桶、蒸篭なども。
画像

瀬戸物も。
画像

人並みに押されて、代官屋敷前に。
今まで気がつかなかったが、幟が立っていた。
画像

「まもなく、鼓笛隊のパレードが始まります。
道を空けて下さい!」
とのアナウンス。
「クスダマが割れます!」
見事に二つのクスダマが割られた。
画像

画像

それを合図に両側を警官に守られて、桜小学校の鼓笛隊がスタート。
画像

生徒さんは大変そう!!
画像

古着やさん。
画像

ベルトやさん。
画像

カレンダーやさん。
画像

さすがボロ市だ。
古着屋さんが多い。
画像

画像

なんだかよく分からない、古道具屋さん。
落語に出てきそうだ・・・
画像

画像

ワンちゃんをおんぶしながら店番をしているおばさん。
お客さんとワンちゃん論議に花が咲いていた。
画像


露店数750店舗、来場者数 数十万人という、活気のある“市”。
骨董類、古着、植木から玩具、日用雑貨、食料品など、多種多様な商品が販売されていた。

お安いのだろうが、残念ながら欲しいものは何も無し。
ブラブラしたのみ。
一回見ればもう良いか?
帰ろう〜〜〜〜〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFの世田谷ボロ市散策 (’10/12/15 世田谷) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる