我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFの谷津バラ園散策(’10年10月24日) 

<<   作成日時 : 2010/10/25 17:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

天気はあまり良くないが、バラが満開との事で谷津バラ園へ行ってみる事にした。
猛暑を無事生き抜いて、秋のバラが満開に綺麗に咲いていた。


ネットによると

旧谷津バラ園は谷津遊園内の一施設として、昭和32年5月27日に秩父宮妃殿下をお迎えして開園しました。
そして、翌年にはローズガーデンとサンプルガーデンが開園して、当時東洋一とも言われる大バラ園が完成しました。
その後、京葉道路の開通にともない、バラ園は昭和40年に現在地に移りました。
以降、品種的な補充が年々行われ、昭和51年には世界16ヶ国のバラ品種1,007種類が集められ、最盛期には、1,200種類余りが栽培されていました。
このバラ園は昭和63年5月、よそおいも新たに誕生しました。
名実ともに世界のバラ園が都市公園の中に、市民の要望に応えて、再スタートしたものです。

との事です。

京成電車で「谷津」駅で下車。
初めて降りた駅だ。

駅前の紅葉が紅葉し始めていた。
画像

駅から商店街の中を10分も歩いたろうか。
バラ園の入り口に到着。
やはり、バラを見に来た人達が多くいた。
「満開」の札が下がっている。
楽しみだ。
画像

中は、想像していた以上に大きく、沢山のバラが咲いている。
入り口近くの女神の像がバラに囲まれていた。
即売もあるようだ。
値札が付いた鉢植えのバラも多数飾られている。
画像

ストロベリー・ダイキリ。
画像

フリージア。
黄色の美しいバラだ。
画像

広いバラ園。
中は、皇室王室コーナー、有名人コーナー、青バラコーナー、高松宮コーナー等色々なコーナーに分かれている。
何処も満開だ。
画像

大きなパーゴラから庭園を眺める。
この景色も良い物だ。
画像

画像

ブルーシャトー。
ブルー系で私の好きなバラだ。
画像

カフェラテ。
コーヒー色のバラは珍しい。
画像

さむらい。
ビロードの様な赤が美しい。
画像

ナイトタイム。
画像

色々な像がバラに囲まれて立っていた。
画像

管理棟。
画像

中世の庭園を模した庭。
噴水。
画像

つるバラが撒きついたバラのアーチ。
画像

バンブリッジ。
一重のバラはバラらしくない。
初めて見た珍しいバラだ。
画像

グレース・ド・モナコ。
画像

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウエールズ。
可憐なバラだ。
画像

そどおり姫。
画像


秋バラはバカにしていたがそんな事はなかった。
満開の美しいバラに魅せられて、感動した。
また、谷津バラ園は駅から近く、大規模でバラの種類も多く素晴らしい所だった。
また行きたい所のページに書き込んでおこう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFの谷津バラ園散策(’10年10月24日)  我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる