我が家のOLAF

アクセスカウンタ

zoom RSS OLAFの東京散歩弟38回 (’10年5月4日 清正公大祭、泉岳寺散策)

<<   作成日時 : 2010/05/05 06:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

加藤清正公が祀ってある覚林寺で清正公大祭が例年の如く5月4日、5日行われる。
昨年も行って、『勝ち守り』を受けてきたが今年も行ってみる事にした。
白金なので、泉岳寺も近い。
行った事が無いので、ここも散策してこよう。


(昨年のブログ)

http://olaf-mama.at.webry.info/200905/article_2.html

加藤清正公は尾張に生まれ、12歳の時に長浜城主であった豊臣秀吉に仕えた。
賤ヶ岳七本槍の一人に数えられるほど勇猛で、日本三大名城の一つとして数えられる熊本城主としても名高い。
清正公大祭は、そういう武運長久であった清正公にあやかって、子供が強く立派に育つようにと願うもので、人生の苦悩に打ち勝ち、幸運に恵まれるようにと「勝負」と「菖蒲」を掛けて菖蒲の葉が入った勝守りや、出世鯉などが有名だ。
大祭当日になると、お寺から太鼓の音が鳴り響き、こいのぼりが雄大にゆらめく。
画像


境内をはじめ約200もの出店が軒を連ね、通りを埋め尽くし、高輪の側までもずらっと広がる。
菖蒲湯にするための菖蒲の葉を山盛りにして売る店からはよい香りが漂う。
画像

門をくぐり境内に入る。
画像

参拝する人が列を作っている。
お線香の煙が漂う。
画像

画像

大祭期間中のみ、葉しょうぶ入りの勝守(かちまもり=清正公にあやかり人生の様々な苦悩に打ち勝つという意味をこめたお守りが授与される(600円)
又子供の日にちなんで開運出世祝鯉(紙製の鯉のぼり)も授与(1500円)。
画像

昨年の『勝守り』を戻し、新しい『勝守り』を頂く。
画像


境内にも屋台が出ている。
焼き鳥や、大型の蛸を入れたジャンボたこ焼や等。
縁日独特の匂いが漂う。
画像

画像

子供向けの昔からの屋台も健在だ。
ヨーヨー釣り。
画像

ミドリ亀すくい。
はじめてみた。
亀まですくえるのか。
画像

昔ながらの金魚すくい。
子供にとっては、楽しい縁日なんだろうな!
画像


道路を一本隔てれば、高輪だ。
今日は泉岳寺へ行って見ることにする。
歩く事15分。
泉岳寺に到着。

泉岳寺は、東京都港区高輪にある曹洞宗の寺院で江戸三箇寺の1つ。
浅野内匠頭と赤穂浪士が葬られていることで有名。

慶長17年(1612年)に徳川家康が、桜田門外に門庵宗関(もんなんそうかん:今川義元の孫)和尚を招いて創建するも、寛永の大火(1641年)で焼失したが、将軍家光の命で、毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の五大名により、現在の高輪の地で再建された。
完成の後、檀家赤穂浅野家はこの寺を江戸表における菩提寺とした。
浅野家と泉岳寺の付き合いはこの時以来のもの。

<山門>
この門は天保3年(1832年)34世大道貞釣(だいどうていきん)和尚代に再建された。
二階部分には十六羅漢が安置され、一階部分の天井には「江戸三龍」のひとつ、銅彫大蟠龍がはめ込まれている。
下の、「泉岳寺」の額は、晋唐の墨蹟研究者であった大野約庵による書。
画像

<大石内蔵助良雄銅像>
この銅像は、浪曲の宗家・桃中軒雲右衛門の発願により鋳造されたもので、所有が転々としていたが、泉岳寺に寄大正10年12月14日に除幕した。
内蔵助が当時の風俗である元禄羽織を身につけ、連判状を手にして東の空(江戸方向)をじっとにらんでいる姿を表したもの。
画像

<本堂>
旧本堂は第二次世界大戦で空襲にあい焼失。
現本堂は昭和28年12月14日に落成した鎌倉様式の建築。
本尊は釈迦如来、他に曹洞宗の宗祖である道元禅師・瑩山禅師、また大石内蔵助の守り本尊である摩利支天(秘仏)などが納められている。
画像

<「四十七士の墓」の門>
この門は浅野家の鉄砲洲上屋敷(現・聖路加病院)の裏門で、明治時代に移築されたものである。
画像

<主税の梅>
大石主税が切腹した松平隠岐守三田屋敷に植えられていた梅です。
浅野内匠頭が田村右京大夫邸の庭先で切腹した際に、その血がかかったと伝えられている梅です。
画像

<水琴窟>
画像

義士が本懐成就後、吉良上野介の首級をこの井戸水で洗い、主君の墓前に供え報告したところから「首洗い井戸」と呼ばれています。
画像


四十七士の墓。
お参りする人によって、お線香が絶え間なく供えられています。
画像

画像

画像

つつじが美しい。
画像


中門までの参道にお土産やさんがあった。
キティーちゃんの『ご当地キティー』が沢山並んでいた。
画像

画像

画像

画像


今日は今年一番の暑い日となっていた。
変な気候で、つい最近まで寒い寒いと言っていたのが嘘のようだ。
近場で楽しんだOLAFのGW。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

OLAFの東京散歩弟38回 (’10年5月4日 清正公大祭、泉岳寺散策) 我が家のOLAF/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる